親指の付け根が痛い

2020/12/14 ブログ
logo

手をよく使う患者さんから親指の付け根が痛いと相談されました。触診と痛みの箇所から母指CM関節症と推測されました。

 

親指が痛いと日常生活に著しく影響が出るので大変ですよね。

 

母指CM関節症とは(親指の付け根の変形性関節症)

原因

母指CM関節症

母指のCM関節(親指の付け根の関節)は、他の指と向き合いつまんだり握る動作を行う関節です。
母指CM関節症とは、手の使い過ぎや加齢・関節軟骨がすり減るなど骨同士がぶつかり炎症が起こる事が原因です。痛みや動きの制限がみられ、症状が進むと徐々に横に開きにくくなって、関節がずれているような状態(亜脱臼)になり関節が外側に飛び出したような変形になっていきます。

主な症状

  • 母指の動きが悪い
  • 母指の変形
  • 関節の脹れや圧痛
  • 物をつかむ時やビンの蓋を開ける(捻り動作)時に痛みがある

なりやすい人

  • 職人など手を使う仕事の方
  • 高齢者で手芸・園芸などの手を使う趣味
  • 40歳以上で女性の方
  • 親指に力を入れる動作が多い方

検査

診察にて、親指の痛みの場所や動き、強い圧痛(押すと痛む)や腫脹など確認します。
画像検査では、レントゲン検査により腱鞘炎やリウマチなどの鑑別やCM関節の変形の有無を確認します。

治療

基本的には使い過ぎでなるものなので、母指CM関節の腫れや痛みの症状が強い場合は、日常生活では安静に努め、痛みや腫れなどの症状を抑えるために湿布や内服薬にて経過をみます。

早く使えるようになりたい人は、マッサージや電気療法などで硬くなった筋肉をほぐしたり、筋肉を付けて疲労に耐えられるようにしたりすると再発しにくくなります。

 

痛みのない日常生活を送る為に日頃からのケアをしっかり行いましょう。

他にも色々載せていますので気になる人は登録をお願いします。

 

https://ameblo.jp/oomorinishi0501