夏の終わりは髪と頭皮のケアを

2021/08/30 ブログ
logo

時に髪は、肌以上に年齢を語ると言われます。髪がパサついてツヤがなくゴワゴワとしていたら、いくら肌にシミやシワがなかったとしても、後ろ姿で実年齢より老けて見えてしまう恐れも・・・。

そんな髪の傷みを招く要因はたくさんありますが、そのひとつが紫外線。肌や身体にはせっせと日焼け止めを塗っているのに、髪や頭皮は無防備のまま……なんて心当たりがあるのでは? 髪はほかのどのパーツよりも太陽のいちばん近くでダメージを受けてしまうからこそ、真っ先に守ってあげるべき箇所なのです。今回は、髪の傷みを進ませない、日焼け後のレスキューヘアケアについて書いていきます。

 

目次

 

髪の毛も日焼けする!? 乾燥やパサつきの原因は紫外線!

髪が乾燥したり毛先がパサつく原因は様々ですが、夏の終わりにまず疑うべきは紫外線。言うまでもなく、紫外線は肌だけでなく髪にも降り注いでいます。髪はほかのどのパーツよりも太陽に近く紫外線ダメージを受けやすいにもかかわらず、肌ほど紫外線対策をしていない人がほとんど。それこそが、秋に髪のコンディションが悪くなる原因のひとつなのです。

髪が日焼けするとどんな影響が?

では具体的に、髪が日焼けするとどんな影響が起こるのでしょうか?

まず、髪は紫外線ダメージを受けるとたんぱく質が壊され、パサつきといったトラブルが起こりやすくなります。

また、同じ紫外線を浴びるのでも、プールや海などで髪が濡れた状態で浴びると、たった1日でもダメージを実感しやすくなるって、ご存じでしたか?

水に濡れた状態で紫外線を浴びると、毛髪の中で酸化が起き、ダメージを受けることがわかっています。さらに髪の色素も酸化によって分解され、髪の赤色化を招きます。サーフィンや水泳を楽しむ人の髪の色が明るくなりやすいのはこのためです。

髪の内側は、肌と同じようにメラニンがあるため、紫外線をある程度は吸収することができますが、髪の表面を覆っているキューティクルにはメラニンが存在しないため、内側に比べて紫外線の影響を受けやすいのです。キューティクルがダメージを受けると、髪のツヤが失われたり手触りが悪くなってしまうので、うるおいのあるツヤ髪をキープするには、肌と同じように髪を紫外線から守ることが大切なのです。

 

まずは予防意識を高めること!上手な髪と頭皮の紫外線ケア

髪への紫外線は、UVスプレーで対応をしましょう。ベタつきが少なくヘアスタイルを崩さずキープできるので、お出かけ前、スタイリング後の髪にシューッとスプレーして日中の紫外線ダメージから髪を守りましょう。

髪や肌から10~15㎝程度離し、まんべんなくスプレーするのがポイントです。

また、肌の日焼け止めクリームと同じように、持ち歩いて2〜3時間おきにつけなおすと、紫外線防御効果を保てます。汗をかいたり、髪についた水分をタオルで拭いた後もスプレーのつけ直しを忘れずに!

頭皮もしっかりダメージを受けているため、頭皮用の美容液などを使ってアフターケアを行いましょう。

乾燥が進んでデリケートになっているため、毎日使うシャンプーを低刺激性のものに替えるのも有効です。

 

海やプールで思いっきり遊んだ後は?うっかり焼け後のリカバリーケア

日焼け後の髪は、ダメージを受けて弾力を失い、パサつきだけでなく切れ毛や枝毛にもつながっていくので、ふだんよりもしっかりとケアをしてあげることが大切です。

基本のシャンプー

  • 洗髪前に、ブラッシングで髪の絡まりをとりながら、頭皮の血行を促進しましょう。髪が長い人は、からみやすい毛先→中間→根元の順に。無理なブラッシングはキューティクルをはがして、乾燥や切れ毛を招いてしまうので気をつけて。
  • ぬるま湯で髪全体を十分に流して頭皮の皮脂や髪の汚れを落とします。次に、シャンプーをたっぷり泡立て、泡で髪や頭皮を包み込むように優しく洗いましょう。
  • コンディショナーは、髪の水気を軽く切り、毛先など傷んだ箇所を中心に手ぐしを入れるように全体へなじませます。トリートメントやヘアマスクをする際は、蒸しタオルで5分ほど髪を包むと◎。

髪を傷めにくい乾かし方

  • まずはしっかりタオルドライ。ドライヤーを使う時間が短くて済み、髪へのダメージが少なくなります。
  • 髪をドライヤーに近づけすぎるとさらなるダメージを招くことに。髪から約30cm離し、熱が1カ所に集中しないように、全体にまんべんなく風を送りながら乾かしましょう。

頭皮のクールダウンがポイント

日焼け直後の頭皮は熱がこもっているため、冷やしたタオルで頭皮を覆って、頭皮の熱を下げましょう。シャンプーの際は、頭皮をこすらないよう優しく洗ってください。

分け目を変えるだけでもダメージは軽減できる!

いつも同じヘアスタイルだと、分け目の部分だけにダメージが集中してしまいます。(中年で髪を結んでいる人の頭が薄く見えるのは、髪が細くなっているからだけではなく、いつも同じ個所を引っ張って負担を掛けていることも要因の1つです。)

この状態を放っておくと、抜け毛などの原因に。帽子で頭全体を守るのが理想ですが、それがむずかしい場合は、日によって分け目を変えてみましょう。それだけでも、ダメージを分散でき、頭皮を健やかに守ることができますよ。

 

まとめ

お伝えしたとおり、髪を濡れた状態で放置するのはダメージを進ませる原因となるので、自然乾燥も絶対にNG。シャンプー後は十分にタオルドライをして、手早くドライヤーで乾かしましょう。元気でつややかな髪は、それだけで若々しく生きいきとした印象に見えるもの。髪と頭皮の上手なUVケア法をマスターして、天使の輪がキラリと輝く美髪を手に入れましょう。

 

他にも色々載せているので気になる人はフォローをお願いします。

https://uemuratiryouinn.com/